ホーム

新入社員時の失敗談 一覧

新入社員の時の色々な失敗談を集めています。誰もが失敗をしながら成長しています。

失敗から学んだ心配りの大切さ

入社して間もない私は仕事についてのことは勿論のこと社会人として必要なマナーなどが全く分かっていませんでした。 ある時、社内で大きなプロジェクトが進められることになり各担当グループで動くことになりました。 時折準備などで体を使って物を運んだり会場の設営をしたりすることが多くありました。 新人だった私は自分の仕事が先輩たちより時間がかかるのでついていくのに精いっぱいで周りも見えずにいました。 そんな時頻繁にプロジェクトの進行に関わる仕事で手が空いている    ≫続きを読む

メ、メガネが・・・。

今思い出しても、ちょっと笑ってしまう思い出です。 新卒で配属された会社で、右も左も分かりませんでしたがとにかくガムシャラに頑張っていました。 コピーの取り方も分からず、間違えてFAXしてしまったり・・・。 慌てて頂きに上がり先輩と頭を下げて帰ってきた。 またある時には、他社のリサーチをするためにその商品を買って来てと言われて。 当時は携帯電話もそれほど普及していませんでしたし、 新卒の私には贅沢品でしたから、そのままふらっと外に出ました。 でも探しても探しても    ≫続きを読む

失敗の中に成功の種がある

まず、私に与えられた仕事は、食品関係の数量昨年対比をクリアすることでした。 大学卒業して何もわかっていないのに、自信だけがあふれていた自分は、主通路(お客様の多くが歩く大きめの通路)とお買い得品が目に止まる時間と 購買決定は比例関係ということから、お客様が通れる状態で、主通路の真ん中にお買い得商品の島を作ってしまえばいいと、作業時間はものの30分で作り上げました。 「よし、いける」と内心大喜びで他の作業をしていると、30分もしないうちに本部の偉い    ≫続きを読む

データベースのデータを消去してしまい、危うく大惨事に

データベースを使用したWEBアプリケーションの開発を行う部署に配属され、 毎日開発に明け暮れていました。 私がした大きな失敗は、そのデータベースのデータを誤って消してしまったことです。 お客さんの環境でシステム導入前のテストを行っていた時のことでした、 テストを行う環境は本番環境へのデータベースとテスト環境のデータベースへ両方アクセスすることが出来る環境であり、 私はテスト環境のものだと思って、データベースのデータを全て削除しました。 削除した後に    ≫続きを読む

教師をしていたころのちょっとした失敗談

私は大学卒業後とある地方の公立中学校の新任教師として毎日奮闘していました。 人間はどんなに経験を積んで、えらくなったとしても誰でも失敗をするものです。 まだ社会人1年目の新米教師だった私は、毎日のように失敗を繰り返しておりました。 ある日授業に入った中学1年生のクラスでのことです。 中学生にありがちな授業中に手紙を回すという遊びをしている生徒を見つけ注意し、手紙を書いた生徒に自ら名乗り出るように言いました。 当然のことながら誰も手をあげません。 そ    ≫続きを読む

涙を流して強くなり、そして教えられたこと

与えられ仕事は、受付事務でした。事務作業をしながらも、船荷に関する書類を発行をする受付業務です。 入社して、次の日には受付として業務を任させました。 1週間くらい経った頃、お昼休み中に書類を取りにお客様が来られ、昼休み中に業務をしてよいのかわからず、またずっと待たせるのも申し訳ないような気がしてしまい上司に相談を発行業務を行うことにしました。 しかしそのお客様への書類は一般書類とは少し違い、発行枚数が特殊なものでした。 理解をしていればきちんと    ≫続きを読む